スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「遠鳴り」するフルートの素材は? →フルーティストは一刀流?二刀流?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

社会人バンド

今日は小学校で演奏します!

 ←「遠鳴り」するフルートの素材は? →フルーティストは一刀流?二刀流?
 2月に入ってから、関東ではずいぶん雪が降りました。今が寒さの底でしょう。そんな中で今日は都内のある小学校の音楽鑑賞会で、我が楽団がメインになって演奏をします。日曜日の開催ですから、子どもたちの他に、お父さんお母さんの世代、おじいちゃんおばあちゃん世代まで一緒に、聞いていただく音楽会です。我々はアマチュアの楽団とは言うものの、音楽・吹奏楽を楽しんでいただこうというプロと同じ意識で演奏したいと思います。

 バンドの編成は、ピッコロ・フルート4、オーボエ1、ファゴット1、クラリネット7、アルトクラリネット1、バスクラリネット1、アルトサックス3、テナーサックス1、バリトンサックス1、トランペット6、ホルン4、トロンボーン3、ユーホ二ウム1、チューバ2、パーカッション5、ピアノ1、の合計42名で、ほぼフルメンバーです。(ユーホ二ウムは1人ですが、この方はプロですので、お一人で十分です。見た目はあと一人いた方がいいんですけどね)

 プログラムも凝りました。

 第1部は、行進曲「秋空に」で吹奏楽サウンドを聞いていただいて、子ども向けに「ドラゴンボール改」「夢をかなえてどらえもん」のアニメ曲(これは新しいバージョンです)。そして去年の大河ドラマ「天地人」のテーマ曲。(このあたりから親世代の曲です。でも子どもたちも知っているでしょう)。おじいちゃんおばあちゃん世代向けに、「時代劇メドレー(水戸黄門・銭形平次・大岡越前・暴れん坊将軍)」。そして、親世代の青春の曲「松田聖子メドレー(赤いスィートピー・夏の扉・スィートメモリーズ・風立ちぬ・青い珊瑚礁・あなたに逢いたくて)」とこれでもかという曲のテンコ盛りです。

 第2部は小学生の金管バンドとの合同演奏で、「スターウォーズのテーマ」「シング・シング・シング」。
 第3部は、音楽物語の「となりのトトロ」です。この曲はもともとプロのオーケストラの音楽鑑賞教室で使われるアレンジを、吹奏楽版にしたものです。いやあ、このアレンジは難しくて、難しくて…。でもすごくシンフォニックな音がします。第1曲は楽器紹介も兼ねて「さんぽ」、後はアニメのストーリーをお話ししてもらいながら、「五月の村」「ススワタリ・お母さん」「トトロがいた!」「風の通り道」「まいご」「ネコバス」、終曲の「となりのトトロ」と続きます。たっぷり30分はかかる大曲です。嫌なのは終曲の「となりのトトロ」が♯5個のHdurなことです。吹奏楽では、なかなかいいサウンドのしない調なんですが、上手くやれれば、とてもシンフォニックな音がします。こういうところは大人のバンドの方が上手かもしれません。

 ということで、前日は仕込み&準備で、会場の小学校の体育館で練習をしました。夕方からの練習だったのですが、予想通り、寒い寒い…。寒い中でどうコンディションを整えるかが、やっぱりカギだと思いました。急遽ですが、フルートの管を冷やさないように、フリースの袖を切ってウォーマーを作ることにしました。第1部は、「松田聖子メドレー」まで、ずっとピッコロを吹きますので、フルートを少しでも冷やさないようにするためです。(おまけに、この曲でフルートのカデンツァソロを私がやりますので、背に腹は変えられません。フリースの一枚や二枚…涙)フリースを本番の間際まで使い捨てカイロで温めておいて、フルートにかぶせておきます。今考えられるベストな方法でしょう。
何しろこの間の練習では、全然ピッチが合いませんでしたから。

 さて、そんなこんなで会場の体育館でリハーサルが始まりました。ふと見ると会場に笛師匠の姿が…。え゛っ! 聞いてないよー。「松田聖子メドレー」のフルートソロを聞かれてしまうぅぅぅ。

 やばい…

 いやー、緊張しました。私のカデンツァの計画は、Fm7のコードを駆け上がって「スィートメモリーズ」のメロディの変奏をし、そのあとまたFm7のアルペジオを好き勝手に吹いて、最後は3Fの音で締めようというものでした。しかし、緊張のせいか「スィートメモリーズ」の変奏が変奏になりませんでした。何をやっているんだかわからないカデンツァになってしまいました。まあ、明日は笛師匠はいないので、リラックスしてやれるぞー。…たぶん(苦笑)。

 今日は朝から集合で、午前中リハーサルをやります。お昼をはさんで午後本番です。プロになったつもりでがんばってきます!

≪ご報告≫

 演奏会は無事終了しました。お客さんはずいぶん熱心に聞いてくださいました。私のカデンツァソロは…、予定とはちょっと違う事をやってしまいましたが、まあまあかと思っています。

←よろしければクリックしてください。昨日は535人中、第2位でした。ありがとうございます。今日は何位でしょうか?

 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

お疲れ様でした☆ 

成功おめでとー!

訪問演奏って楽しいですよね?
「天地人」&「夢をかなえてドラエモン」は昨年
未来も訪問演奏で吹きました♪

天地人迫力あってカッコイイ曲ですよね!

未来も3月の訪問演奏頑張ります☆
「トトロメドレー」もあるのでメドレー関係は弱いので
頑張って練習します☆

たかさんゆっくり休んで下さいね☆お疲れさま!

Re: お疲れ様でした☆ 

未来さん

 ありがとうございます。訪問演奏は何度かやりましたが楽しいです。未来さんも訪問演奏がんばってください。
 メドレー関係は、テンポや曲想が変化する上に演奏時間が長いので大変ですよね。私の次の目標は3月7日、地元の文化会館で行われる市民音楽祭です。1か月余りの間に本番が4回あるんですよ。つらいと言えばつらいですが面白いです。

 

前回の学校内演奏に続く訪問演奏、
ごくろうさま!、おつかれさまでした。

ここのところ、たかさんが書かれておられる「温度(寒さ)や空間(体育館等)」などにおける吹奏楽の各楽器の調整や対策の記事を読んでいるとほんとうに感心(感動)します。

それというのも私たち一般のリスナーやファンは吹奏楽を聴くのは大好きですが、木管はもちろん金管楽器までがそんなに微妙で微細な用意や手入れが必要なことなど普通は全く知らなかったからです。それゆえ音楽~吹奏楽の教養的知識としても大変に素晴らしい記事の連続でした。

(また決してお世辞などでなく、たかさんの文体~文章が常に的確で端正であることも解説記事における魅力のひとつになっているものと思います。)

...多くのコンサート出演が続く由、
どうぞお体に気をつけられ、ご活躍ください。

Re: タイトルなし 

FALさん

>たかさんが書かれておられる「温度(寒さ)や空間(体育館等)」などにおける吹奏楽の各楽器の調整や対策の記事を読んでいるとほんとうに感心(感動)します。

 いい演奏をするために必要なことを演奏者の側から述べたことを、そのように言ってくださると、本当に嬉しいです。ありがとうございます。また本番の演奏がありますので、いい演奏が出来るよう頑張ります!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「遠鳴り」するフルートの素材は?】へ
  • 【フルーティストは一刀流?二刀流?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。