更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 031234567891011121314151617181920212223242526272829302012 05

【  2012年04月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

音ひとつ出すにも注意点はたくさんあります

吹奏楽合奏理論

2012.04.29 (Sun)

  楽器によって細かな違いはありますが、吹奏楽で使われる楽器の場合、音ひとつ出すのも実にたくさんの注意点があるのです。「そんなにあるの?」と思う人もいるでしょうが、聞く人が聞けば一目瞭然(いや、一耳ですか…笑)なのです。 どんな楽器にもあてはまる共通点だけ列挙しますと、  ①姿勢  ②体の重心の位置  ③肩の脱力  ④楽器との接点の力の使い方  ⑤音を出すための楽器の操作  ⑥音を出すタイミング  ⑦音の形...全文を読む

初心者を教えるのは…

スクールバンド運営

2012.04.27 (Fri)

  吹奏楽部は、たくさんの人数が必要な部活動です。ですから「初心者歓迎!」という謳い文句で部員を勧誘するところも多いでしょう。これは高校の吹奏楽部によくあることですが、せっかく吹奏楽をやろうと決心した初心者を、上級生が教えるのを嫌がることがあるのです。初心者を一から教えるのが面倒だとか、自分が練習する時間が少なくなるとか、そういう理由なのです。それじゃ、初心者が「やっぱり自分には吹奏楽は向いていない...全文を読む

朝イチを意識した練習をしよう

吹奏楽全般

2012.04.25 (Wed)

  吹奏楽コンクールは出演日と出演順を決める抽選会があります。この抽選会で、出演順が「一番」だったりすると、「あ~あ」みたいなため息が聞こえます。午前中の一番最初の出演を「朝イチ」と言ってます。コンクールがその日の午後から始まるのならまだいいかもしれませんが、大体は午前中からです。なぜ「朝イチ」だとがっかりしてしまうのか、その理由は、 ① 審査員の審査の基準になって、点数が低く抑えられてしまうので、...全文を読む

準備と後片付けは短いほどいい

スクールバンド運営

2012.04.23 (Mon)

  これは4月21日に吹奏楽部の生徒達に言った言葉です。私自身の備忘録として記録しておきます。 部活動の時間は無限にあるわけではありません。まして本番の演奏の時は時間なんて「あっ」という間に過ぎていきます。演奏会場に到着してから楽器を降ろしたり、楽器の準備をしたりする時間は短ければ短いほど、練習時間が取れますし、演奏に気持ちを集中できます。 また、ホール練習等での演奏後の後片付けの時間を短く済ませら...全文を読む

コンクールB部門楽器編成の理想

吹奏楽全般

2012.04.22 (Sun)

  以前の記事で書きましたが、吹奏楽コンクールのB部門は30人以下で演奏しなければならないことになっています。30人という人数は楽器編成のことを考えても中途半端だと思います。でも、そんなことを言っていても何の解決策にもならないので、理想の30人編成を考えてみました。 ピッコロ1、フルート2、オーボエ1、ファゴット1、 E♭クラリネット1、B♭クラリネット3、アルトクラリネット1、バスクラリネット1、 ...全文を読む

前月     2012年04月       翌月

Menu

プロフィール

たかさん

Author:たかさん
●学生時代から指揮法を秋山和慶氏、故櫻井将喜氏に師事。1984年から公立高校教諭、吹奏楽部顧問となる。埼玉県吹奏楽連盟理事・事務局次長を歴任。

ブログランキング

よろしければクリックしてくださいね~

FC2カウンター

このブログは2009年11月15日から始めました。(2008年11月30日~2009年10月30日の旧ブログの総アクセス数は72000余りです)

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。