更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 101234567891011121314151617181920212223242526272829302011 12

【  2011年11月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

実はゴールドフルートも試奏してました

フルート全般

2011.11.27 (Sun)

  11月20日のパールフルートギャラリー東京で行われた展示試奏会で、頭部管銀モデルのドルチェだけでなく、管体銀のエレガンテ、総銀のカンタービレ、そして14金と10金のマエスタ(キー銀)を試奏しました。パールのエントリーモデルからトップモデルまでを軒並み試奏したわけです。疲れたけど楽しかったあ! 何と言っても、いろいろな性格を持ったフルートをいろいろ吹けるんですよ。材質の違いによる音の違いとか、自分...全文を読む

ドビュッシー「海」管弦楽版

参考音源付き記事

2011.11.26 (Sat)

 自作小説「春風のラプソディー」が重いお話になっています。ここでちょっと気分転換して、春海高校が吹奏楽コンクールで取り上げたドビュッシーの「海」全曲をベルリンフィルの演奏でどうぞ。小説内では吹奏楽の演奏をアップしましたが、管弦楽の方が色彩感が豊かですね。...全文を読む

新しい仕様の頭部管銀モデルの実力は…

フルート・購入のポイント

2011.11.21 (Mon)

  パールフルートギャラリーで行われた展示会に行ってきました。今回は、同時開催の無料調整会に私のヤマハ281+サンキョウFTの調整を兼ねての参加でした。パールフルートのラインアップがほぼ全部展示されていました。まずは、ずうずうしく自分の281FTでウォーミングアップ。それからお目当てのドルチェプリモを吹いてみました。今までのドルチェは台湾製のものと日本製のものとの二本立てでしたが、今回はそれを一つに...全文を読む

頭部管銀モデルの新しい仕様を考えた

フルート全般

2011.11.20 (Sun)

  フルートの頭部管銀モデルは、いわゆるスタンダードモデルだと私は思っています。学生から一般まで幅広い層に使えますし、作りのしっかりしたモデルを選べば長期に渡って愛用出来ます。スクールバンドで使われるフルートも、この仕様で十分だと私は思っていますが、この仕様のフルートでちょっと不満だったのが、銀の頭部管の質でした。10万円台の頭部管銀モデルの頭部管は、コストの関係なのでしょうが、ハンドメイドクラスの...全文を読む

リングキーのフルート選択のポイント

フルート・購入のポイント

2011.11.16 (Wed)

  以前の記事にも書きましたが、フルートを始める時はカバードキーのフルートが良いと私は思っています。しかし、リングキーのフルートに憧れをお持ちの方もたくさんいらっしゃるはずです。しかも、インラインリングキーのフルートを手に入れたいと思っている方も多いのではないでしょうか。かく言う私もその一人でした。 しかし、インラインリングキーは、手の大きさや指の長さ・太さによってはキーを正確に押さえられないことも...全文を読む

前月     2011年11月       翌月

Menu

プロフィール

たかさん

Author:たかさん
●学生時代から指揮法を秋山和慶氏、故櫻井将喜氏に師事。1984年から公立高校教諭、吹奏楽部顧問となる。埼玉県吹奏楽連盟理事・事務局次長を歴任。

ブログランキング

よろしければクリックしてくださいね~

FC2カウンター

このブログは2009年11月15日から始めました。(2008年11月30日~2009年10月30日の旧ブログの総アクセス数は72000余りです)

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。