更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 11

【  2011年10月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

フルート総論…6.H足部管の必要性

フルート総論

2011.10.30 (Sun)

 6.H足部管の必要性 このテーマについての過去ログはこちらです。→http://hafutatu8713.blog101.fc2.com/blog-entry-83.html 本稿では別の視点からこのテーマについて述べようと思います。 それはずばり「フルートにH足部管は必要なのか」ということです。フルートの最低音はもともとDでした。それを長二度下のCまで出せるように足部管の部分を延長したわけです。はるか昔のフルートは最低音のCを出すのにかなりの苦労を...全文を読む

楽器の「遠鳴り」

吹奏楽全般

2011.10.28 (Fri)

  楽器の鳴り方について「遠鳴り」という言葉がよく使われます。フルートも「遠鳴り」するのが理想だと言われています。改めて「遠鳴り」の定義について考えてみると、なかなか複雑で難しいと思い知らされます。 「遠鳴り」とは、遠くにいても音が聞こえることなんですが、ホールの中だったら、どの場所でも音は聞こえます。聞こえ方が問題なわけです。「遠鳴り」しているとされる音をホールの客席で聞くと、自分のいる席まで音が...全文を読む

フルート総論…5.フルートのメッキについて

フルート総論

2011.10.25 (Tue)

 5.フルートのメッキについて 私は30年前にサンキョウシルバーソニックを購入して以来、メッキを施したフルートをずっと吹いて来ています。ですから当ブログでもフルートのメッキについて述べてきました。インターネットで「フルートのメッキ」について検索すると私の記事がトップで出てくることに驚きました。その記事はこちらです→http://hafutatu8713.blog101.fc2.com/blog-entry-271.html この記事の結論を端的に言うと「...全文を読む

低音フルートは難しい!…アンサンブル倶楽部

フルート・練習の記録

2011.10.23 (Sun)

  パールのフルートアンサンブル倶楽部も13回目を数えます。今回は何と北海道からブログ仲間のシラスマさんが参加してくださいました。パールギャラリーのエプロンおじさんも感動してましたが、日本のあちらこちらから参加者が集まって来るようになりました。私は病院に行って検査を受けてから診察、そのあと薬を受け取って、上野に向かう予定でしたので、到着はギリギリ午後2時ごろのはずでした。しかし、幸か不幸か検査は次回...全文を読む

今度のアンサンブル倶楽部は…

フルート・練習の記録

2011.10.20 (Thu)

  ひさしぶりのフルート練習記事です。仕事が忙しく、なかなか時間が取れない中でも何とか吹く時間を取って練習はしていました。しかし、一日40分ほどで週に2日くらいしか吹けない日々が続いています。今度のアンサンブル倶楽部当日は、午前中に病院に行って検査と診察を済ませて、それから向かう事になっています。少ない練習時間で何とか他のみなさんにご迷惑をおかけしないようにしなくてはいけません。 練習する曲は「ルロ...全文を読む

前月     2011年10月       翌月

Menu

プロフィール

たかさん

Author:たかさん
●学生時代から指揮法を秋山和慶氏、故櫻井将喜氏に師事。1984年から公立高校教諭、吹奏楽部顧問となる。埼玉県吹奏楽連盟理事・事務局次長を歴任。

ブログランキング

よろしければクリックしてくださいね~

FC2カウンター

このブログは2009年11月15日から始めました。(2008年11月30日~2009年10月30日の旧ブログの総アクセス数は72000余りです)

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。