更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 11

【  2011年10月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

フルート総論…4.ブリチァルディキー&アイスレバー

フルート総論

2011.10.18 (Tue)

 4.ブリチァルディキー&アイスレバー ブリチァルディキーもアイスレバーも、第1オクターブと第2オクターブの「B(ベー)・英語名B♭」を出すためのキーです。当ブログでは通常ドイツ音名で表記させていただいています。余談ですが「フルートブリチァルディキー」で検索をかけると、当ブログの記事がトップで表示されます。これにはびっくりしました。その記事はこちらです→http://hafutatu8713.blog101.fc2.com/blog-entry-99....全文を読む

小澤征爾さんの「執念」を見ました

音楽全般

2011.10.17 (Mon)

  少し前になりますが、テレビで小澤征爾さんの特集をやっていました。「執念」というタイトルで病気と闘いながら指揮をする小澤さんの姿を映していました。小澤さんの生き様を「執念」と呼ぶのが、ふさわしいかという疑問はあります。でも「指揮者は生きている限り指揮者」なんだなあと、つくづく思いました。 なによりも思ったのは、小澤さんの師である斎藤秀雄先生のことです。私の記憶があいまいなところもあるのですが、斎藤...全文を読む

フルート総論…3.G/Aトリル&Cisトリルキー 

フルート総論

2011.10.15 (Sat)

 3.G/Aトリル&Cisトリルキー このメカニズムの写真をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。→http://www.muramatsuflute.com/repair/repair_room06.html  前稿で述べた通り、EメカニズムはクローズGisシステムを、テオバルト・ベームの考えた理想的なキーアクションに近づけようとしたものだ、というのが私の結論です。しかし、これは第3オクターブのG/Aトリルの運指に影響が出てしまう弱点がありました。それを...全文を読む

マテキフルート廃業だそうです

フルート全般

2011.10.15 (Sat)

  マテキフルートが今年いっぱいで廃業するという話が飛び込んで来ました。従業員の高齢化が進んだためだそうです。う~む、残念。詳しくはこちら→http://www015.upp.so-net.ne.jp/Lamotrim/lamosound-top.html「更新案内」の10/14「マテキフルート廃業について」をクリックしてください。...全文を読む

Fisメカってどんなキー構造なの?(追記あり)

フルート・本体

2011.10.11 (Tue)

  当ブログで、フルートの「Fisメカニズム」について述べました。すると何人かの方からメールで「具体的にどういうキーの構造をしているんだろうか」という御質問が寄せられました。写真や図があればいいんですが、残念ながらどこにもありませんでした。そこで「以前にFisメカ付きのフルートを吹いたことがある」とコメントしてくださった方の記述を参考に、Fisメカの図を描いてみました。こういうキー構造は他の木管楽器では採...全文を読む

前月     2011年10月   ««    翌月

Menu

プロフィール

たかさん

Author:たかさん
●学生時代から指揮法を秋山和慶氏、故櫻井将喜氏に師事。1984年から公立高校教諭、吹奏楽部顧問となる。埼玉県吹奏楽連盟理事・事務局次長を歴任。

ブログランキング

よろしければクリックしてくださいね~

FC2カウンター

このブログは2009年11月15日から始めました。(2008年11月30日~2009年10月30日の旧ブログの総アクセス数は72000余りです)

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。