更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2010年09月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

日々雑感9月

日々雑感

2010.09.30 (Thu)

 今月は暑かったですねー。秋分の日の間際まで「真夏」でした…。ところでブログのサイドに書いている「日々雑感」ですが、来月から音楽関係のエントリーの無い日に書こうと思っています。「日々雑感」は、音楽とは関係のない内容が多いので、本編に入れるのはどうかなと思っていたのですが、「日記」だから別にいいかと考えるようになりました。ということで、「日々雑感」を月ごとにまとめるのも今日が最後です。8/31~9/10●...全文を読む

フルートを練習する時に大事なこと

フルート・奏法

2010.09.28 (Tue)

  以前の記事で「合奏の時どんなことに気をつけたらいいか」のテーマで「まず楽器の選択が大事」と述べました。「音程にクセのある楽器は音程の修正に苦労する」ので、これが「楽器選びのポイント」になるというのが私の考えです。これを練習の時にも「音色」より「音程」を優先するんだと解釈されては困りますので、練習の時は何に気をつけなければいけないかを述べておこうと思います。 初心者の場合、体がまだフルートを吹ける...全文を読む

アマチュアの場合、練習計画が命です

社会人バンド

2010.09.26 (Sun)

  昔の思い出ですが、私はディレクターズバンドという楽団に参加したことがあります。これはスクールバンド等の指導をしている人が、自ら楽器を吹いて奏者として参加するという趣向のバンドでした。スクールバンドの指導者はほとんどの人が音楽を本格的に学んだ人です。音大を卒業したという人はゴロゴロいますし、私が懇意にしていた先生は芸大を首席で卒業した人です。 このディレクターズバンド、実力派ぞろいなのと普段の仕事...全文を読む

武満徹のフルート曲

参考音源付き記事

2010.09.24 (Fri)

  武満徹という作曲家は、もっと評価されて良い作曲家だと思います。作風は一言で言うと「和風現代音楽」と言えば良いでしょうか。有名なのは「ノ―ヴェンパー・ステップス」という曲です。これはオーケストラと尺八・琵琶を競演させたものです。その武満さんはフルートソロ曲も書いています。まずはオーレル・二コレによる「Air」をどうぞ。 この曲の収録の時、二コレさんはムラマツの9Kゴールドフルートを使っていたそうで...全文を読む

指揮者と奏者の戦い

音楽全般

2010.09.22 (Wed)

  指揮者は音楽を仕上げるのが仕事です。当然、奏者の方は指揮者のいうことを聞かなければなりません。でも現実はなかなかそう行かないものです。プロの世界でも(いやプロの世界だからこそ)指揮者と奏者の激烈なバトルが展開していたりします。 ある指揮者に関する有名なエピソードをご紹介します。この人は音感の鋭いことで有名だった人です。「調が違えば曲のイメージが違うんだ」とつねづね言っている人だったそうです。 私も...全文を読む

前月     2010年09月       翌月

Menu

プロフィール

たかさん

Author:たかさん
●学生時代から指揮法を秋山和慶氏、故櫻井将喜氏に師事。1984年から公立高校教諭、吹奏楽部顧問となる。埼玉県吹奏楽連盟理事・事務局次長を歴任。

ブログランキング

よろしければクリックしてくださいね~

FC2カウンター

このブログは2009年11月15日から始めました。(2008年11月30日~2009年10月30日の旧ブログの総アクセス数は72000余りです)

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。