更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2010年01月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

フルートを毎日吹くのは楽しいけど大変だ!

吹奏楽全般

2010.01.31 (Sun)

  1/24からの一週間、私は毎日2時間~3時間、フルート&ピッコロを吹いていました。私の職場の子供たちと一緒に予餞会で演奏する日が近づいているからです。仕事が終わってから(仕事が終わらなくても、練習に参加して、練習が終わった後で、残った仕事をやる)、練習に参加する日々が続きました。職場の方だけではなく、楽団の練習にも熱が入ってきてます。 職場の方は主にフルートを吹きます。ジャズの曲のメドレーで、フル...全文を読む

元祖・安い楽器って悪い楽器?

吹奏楽全般

2010.01.30 (Sat)

 この記事は、旧ブログで書いたものですが、長期間に渡ってアクセスの多かった記事です。当時の原文のまま再掲載させていただきます。 中高生主体の掲示板等を見ていると、自分の持っている楽器や、他人の持っている楽器の値段を気にしている書き込みが目立つ。値段の高い楽器を持っているのを自慢するか、あるいは、そういう楽器を持っている人をけなす書き込みもある。 中高生だから仕方がないと言ってしまえばそれまでだが、ど...全文を読む

フルートEメカニズム考~その2

フルート・本体

2010.01.29 (Fri)

  フルートのEメカニズムが、何のために付いているのかを前回お話ししました。フルートの第3オクターブ(高音域)のE音は、キーカップが二つ開いてしまうため、ちょっと発音しにくくなるのです。そこでEメカニズムによってキーカップを一つ閉じさせて、発音しやすくするのが目的です。 でも、フルートの高音域には、楽器の構造上、3Eと同じ理由で発音しづらい音がもうひとつあります。それが、第3オクターブFisの音です。同...全文を読む

フルートEメカニズム考~その1

フルート・本体

2010.01.28 (Thu)

  フルートのEメカニズムとは何なのでしょうか?下の二本のフルートの写真(※ヤマハ提供)の黒丸で囲った部分をご覧ください。キーカップとキーカップの間にバーがあるかないかが、おわかりのことと思います。下の写真がEメカニズム装備のフルートです。 このメカニズムがあると第3オクターブのE(ト音記号の五線譜の上第3線)の音を発音することが容易になります。なぜそうなるのかと言うと、フルートの第3オクターブは運指が...全文を読む

吹奏楽の中でのフルートの役割

吹奏楽全般

2010.01.27 (Wed)

  この記事は、旧ブログで書いたものです。(旧ブログはプロバイダーを変えた時に自動的に消滅してしまいました。ブログの引っ越しができないとわかったのは、プロバイダーを変えた後でした。)旧ブログで記事の残っているものを、折を見て再掲載していきたいと思います。 フルートは、他の管楽器からみたら、音量の小さい楽器である。なのに、吹奏楽では50人の編成でも、ピッコロを入れて4人位しかいない。クラリネットは10人...全文を読む

前月     2010年01月       翌月

Menu

プロフィール

たかさん

Author:たかさん
●学生時代から指揮法を秋山和慶氏、故櫻井将喜氏に師事。1984年から公立高校教諭、吹奏楽部顧問となる。埼玉県吹奏楽連盟理事・事務局次長を歴任。

ブログランキング

よろしければクリックしてくださいね~

FC2カウンター

このブログは2009年11月15日から始めました。(2008年11月30日~2009年10月30日の旧ブログの総アクセス数は72000余りです)

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。