更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2009年12月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

改めて頭部管銀のフルートについて考える

フルート・本体

2009.12.26 (Sat)

  フルートを本格的に始めるのなら、頭部管銀のモデルを買うのがいいというのが私の考えです。もちろん、総洋銀製やリップ銀のモデルにも、いい楽器があります。でもそんなに多くのメーカーがこのタイプを作っているわけではないので、選択の幅が狭くなってしまいます。また、管体銀のモデルは、国内の多くのメーカーが作っていますので、選択の幅はあるのですが、初心者にはちょっと鳴らしにくいと思います。 頭部管銀のモデルで...全文を読む

クラリネットは閉管ってどういうこと?

吹奏楽全般

2009.12.25 (Fri)

  昨日の記事で、クラリネットは閉管だから偶数倍音に乏しいと書きましたが、それについてもう少し詳しく説明しましょう。 サックスとクラリネットは、どちらも1枚のリードを鳴らして音を出す楽器です。この二つの楽器、指使いが微妙に違うのです。アルトサックスとクラリネットで比べてみると、左手の三本の指を抑えた音は、どちらも実音B♭です。ところが、左手親指のキーを押すと、アルトサックスはオクターブ上のB♭が出ます...全文を読む

吹奏楽は何でクラリネットが多いの?

吹奏楽全般

2009.12.24 (Thu)

  オーケストラの管セクションは、各パートの人数は大体一緒です。フルートが二人なら、オーボエもクラリネットも二人づつです。なのに何で吹奏楽では、クラリネットばかり人数が多いのでしょうか? 現在の理論では、クラリネットは閉管のため倍音に乏しいので、補強のために人数を多くしているとのことです。まあ、そういう面もあると思います。しかし、私は違う方向から捉えています。だって倍音だけが理由ならオーケストラの方...全文を読む

アマチュアのための指揮法講座②~打点をはっきりさせる

指揮

2009.12.23 (Wed)

  不定期連載の2回目です。「アマチュアのための指揮法講座」なんて、大仰なタイトルをつけてしまいましたが、私自身がどういう所に気をつけて指揮をしようとしているか、ということを書こうと思っていますので、お気軽に読んでいただければと思います。 今回のテーマは「打点をはっきりさせる」ということです。これが曖昧な指揮は奏者がどこで音を出していいかわかりません。結果として、音が出せなかったり揃わなかったりする...全文を読む

クリスマスの曲を録音しました

フルート・練習の記録

2009.12.22 (Tue)

  もうすぐクリスマスですね~。クリスチャンでない人には本来関係のない行事ではありますが、なんとなく敬虔な気持ちになるのは私だけではないでしょう(えっ、ケーキとフライドチキンが楽しみなんですか?まあ、それもいいですね) ということで、急遽クリスマス曲の入っているCD伴奏付きの曲集を買ってきました。翌21日にちょっと練習しただけでの録音です。なかなか入院手術で1か月吹けなかったプランクから抜けきれてま...全文を読む

前月     2009年12月   ««    翌月

Menu

プロフィール

たかさん

Author:たかさん
●学生時代から指揮法を秋山和慶氏、故櫻井将喜氏に師事。1984年から公立高校教諭、吹奏楽部顧問となる。埼玉県吹奏楽連盟理事・事務局次長を歴任。

ブログランキング

よろしければクリックしてくださいね~

FC2カウンター

このブログは2009年11月15日から始めました。(2008年11月30日~2009年10月30日の旧ブログの総アクセス数は72000余りです)

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。